IBM i 搭載Power Systemsの
ITモダナイゼーション

IBM i(AS/400)をさらに活用したいとお考えのお客様へ
ITモダナイゼーションをおすすめします。

長年、使い慣れたIBMi(AS/400)を使い続けたいが、変化の激しい環境において

  • オフコン、汎用機は時代遅れ
  • 将来が無いのでは、撤退?
  • オープン化にすべき
  • いつまでも古いシステムを使い続けるのか
  • 競合他社に後れを取っているのでは
  • 後継者問題は

など、さまざまな不安を抱いているお客様は、多いのではないでしょうか。

その悩みに対するNDIソリューションズからの答えは・・・

「ITモダナイゼーション」です。

これにより、将来にわたりお客様資産を継承しながら、経営課題に即応可能な、安全、安定し使いやすく生まれ変わった基幹システムをご提供します。

ITモダナイゼーションはさまざまな手法があります。自社の経営環境に沿った柔軟に取り組めるツールも揃っています。しかし、ITツールは使ってこそ価値があるものであり、システムが近代化しても、使う側も常に変化をする必要があります。

最新技術を活用してモバイル活用、新しいワークスタイル、セキュリティ対策などにも配慮した、働きやすいIT環境の実現も可能です。

「ITモダナイゼーション」とは

老朽化したITシステムを近代化する手法です。
現在、基幹システム周辺には多くの情報系システムが導入され、基幹システムのデータを他システムで利用しているケースが多くみられます。

ITモダナイゼーションをするメリットは?

  • フルスクラッチによる開発における無駄を排除
  • 現行機能を踏襲して老朽化したシステムを最適化
  • 工数、コストを抑えて実現
  • 若い世代にも継承できるようなシステム作り

「ITモダナイゼーション」の主な手法

手法 説明 メリット 参考ソリューション
リビルド(再構築) 現行機能を踏襲して新技術基盤で再構築 ・長期利用できる
・保守効果の向上
・非機能要件対応
 
リライト(コンバージョン) ソースコードを旧⾔語から新言語に変換
*自動変換ツールなどによる機械的な書き換えも含む
・短期間で最新言語に FFRPG
リホスト
(マイグレーション、リプレイス)
ITインフラの刷新(サーバー、OS、ミドルウェア)
*IBMiの場合、コスト・期間共に小
・性能、可用性の向上 活用例
ラッピング or リインターフェース 現行システムのアクセス性、UIを刷新
(Web、デバイス、帳票)
・現行システムに手を加え改良 LongRange、aXes、KONA

情報システム現場の5つの課題に対するソリューション

情報システム現場の5の課題に対するソリューション

システムが複雑化
システムの構造的制約
リソース不足運用負担
RPG技術者の高齢化
システムのサイロ化

現場力向上ソリューション

IBM iのデータを最新のITソリューションを使い
現場力を向上させることが可能

基幹システムのデータは、さまざまなソリューションと連携する事により、現場で使用するユーザーが活用可能なシステムを提供できます。

連携可能なソリューションの詳細ページを見る

IBM i の一貫したアーキテクチャーが、
お客様の未来を優れたコスト・パフォーマンスでサポート

将来にわたりRPG・COBOL資産の安心・安全継承が低コストで可能です

システム運用コスト

IBM i は他システムと比べ、運用コストを抑えることができます

Quark + Lepton 「IBM i on Power Systems Meets the Diverse Needs of Midsize Businesses」 August 30, 2017 より抜粋

IBM i ロードマップ

IBM i は今後10年間のロードマップを公開しており、2026年までのIBM i リリース・サポートが示されています。
2世代後のリリースが登場し、その後さらに少なくとも24ケ月後までサポートを提供するとされています。

** All statements regarding IBM's future direction and intent are subject to change or withdrawal without notice, and represent goals and objectives only.

POWERプロセッサーロードマップ

IBM には、IBM i、AIX、およびLinux オペレーティング環境をサポートするために、POWER プロセッサーをロードマップどおりに提供してきた実績があります。
現在のPOWER8 およびPOWER9 プロセッサー・ベースのサーバーは、業界最高の処理性能を提供しています。
サーバーは、4コアから192コアまでであり、POWER8 およびPOWER9 プロセッサー・ベースのシステムは、IBM i のお客様のさまざまな要件に対応するパフォーマンスと拡張性を提供します

IBM i のITモダナイゼーションに関するお問い合わせはこちら
・詳しい説明が聞きたい ・デモが見たい など